霊園の使用規定

お墓の場所を決めたとしても、そこに入れるかどうかの厳しい規定があります。
これを守らないと返還を求められることもありますので、注意しましょう。

■使用者の資格

宗派や居住地域に制限があったり、お墓の継承者(責任を持って供養・管理する親族)がある場合のみに限られることがあります。

■遺骨の制限

ほとんどの墓地では使用者の親族以外の使用ができません。将来、第三者の遺骨を埋葬することになる場合は、合祀できるか確認をとった方が良いでしょう。

■墓石の指定

民営霊園では墓石を購入する石材店が指定されている場合があります。

■墓地使用権の継承や譲渡

ほとんどの場合、使用権を相続人以外の第三者に譲渡することはできません。